第15回劇作家協会新人戯曲賞ノミネート!  |コンクール・フェスティバル |
昨年12月にアトリエ春風舎で上演し好評を得た『雨と猫といくつかの嘘』が、2009年の劇作家協会新人戯曲賞にノミネートされました!
吉田小夏としては、26歳で処女作がノミネートされてから、同賞へは今回でなんと4度目のノミネートとなります。
4度目の正直となるか、はたまた・・。今年も公開審査が実施されます。
ご興味ありますかたは、ぜひご来場くださいませ。

<最終候補5作品>
・「エダニク」 横山拓也(大阪府)
・「石灯る夜」 中澤日菜子(東京都)
・「雨と猫といくつかの嘘」 吉田小夏(東京都)
・「誰」 田川啓介(埼玉県)
・「マチクイの詩」 福田修志(長崎県)

最優秀の副賞は50万円。公開審査会の審査員は川村毅、斎藤憐、坂手洋二、佃典彦、マキノノゾミ、横内謙介、渡辺えりの7氏。

第15回劇作家協会新人戯曲賞/公開審査会
 ●日時 2009年12月13日(日)18:30〜(終了予定21:00)
 ●会場 座・高円寺
 ●入場料 1,000円(全席自由)

なお、上記最終候補作をすべて掲載した「優秀新人戯曲集2010」は、公開審査会前の12月5日にブロンズ新社から発刊予定。12月公演『午后は、すっかり雪』の会場、アトリエ春風舎でも、販売を予定しております。

日本劇作家協会「第15回劇作家協会新人戯曲賞」

AAF戯曲賞ノミネート  |コンクール・フェスティバル |
AAF戯曲賞という名古屋の戯曲賞にノミネートしていただきました!

候補になったのは、今年の6月に726という演劇ユニットさんの旗揚げ公演に書き下ろした、夏目漱石・原作 吉田小夏・劇作『こころ』であります。
この作品は、私が、初めて本気で「文体」というものを強く意識した思い入れのある作品です。そして、吉田としては、久々のノミネートでとても嬉しいです。
名古屋方面にお住まいの方、その頃仕事でいるよーという方、ぜひ、無料の公開審査に応援にきてくださいませ★

日 時: 2009年10月26日(月) 18:30〜(開場は18:00より)
会 場: 愛知県芸術劇場小ホール
(名古屋市東区東桜1−13−2 愛知芸術文化センター 地下1階)
入場料: 無 料

審査員 (50音順・敬称略)
鐘下 辰男  (劇作家、演出家、演劇企画集団THE・ガジラ代表)
木村 繁  (劇作家、演出家、人形劇団むすび座)
鈴江 俊郎  (劇作家、演出家、office 白ヒ沼代表)
佃 典彦  (劇作家、俳優、劇団B級遊撃隊主宰)
深津 篤史  (劇作家、演出家、桃園会主宰)
(司会)安住 恭子 (演劇制作・演劇研究評論)

戯曲賞の詳細と、他の方の候補作などの詳細は<こちら>から。
候補作全てを、WEB上でPDFファイルで閲覧することができますよ!


劇作家協会新人戯曲賞に入賞!  |コンクール・フェスティバル |
吉田小夏の最新作であり、7月にアトリエ春風舎での公演にて好評を得た、
『おやすみ、枇杷の木』が、第13回日本劇作家協会新人戯曲賞にノミネートされました・・。今回は、第8回、第10回に続く3度目のノミネートとなります。
公開審査会は、12月9日、新宿サザンシアターにて公開形式で行われます。
また、『おやすみ、枇杷の木』と、他の最終候補作品5本を収録した戯曲集が、劇作家協会から出版されます!

★詳細は、劇作家協会の特設ページをご参照ください。
| 1/1PAGES |