|main page|

吉田小夏、WS講師!『オフィスコットーネ春のワークショプ 第3弾』  |ワークショップ情報 |
話題の舞台を上演している”オフィスコットーネ”の主催による演技ワークショップにて、吉田小夏が講師をいたします。定員15名ほどの濃密な時間となります。
〆切り間近ですが、皆さまぜひ奮ってご応募ください。
アシスタントとして、組員の俳優も参加いたします!

2018年
4月9日(月)・16日(月)・19日(木)の3日間(全3回)
14〜20時 ※途中休憩あり

●応募締め切り:4月7日 23:00 <ただし定員に達し次第締め切り>

公式サイト
-------------------

●オフィスコットーネ春のワークショプ 第3弾●

オフィス コットーネでは俳優との出会いの場として4月に3日間の短期ワークショップを開催致します!
オフィスコットーネの作品に興味がある方、ぜひ青☆組の吉田小夏さんの演出を受けてみたい方はご参加下さい。
舞台・映像を中心に活動している方、舞台経験はないけれど創作に意欲のある方、幅広い年齢層の俳優との出会いの場としてのワークショップです。

第3弾・日程
2018年4月9日(月)・16日(月)・19日(木)
(全3回)14時〜20時 ※途中休憩あり

■講師:吉田小夏(劇作家/演出家 青☆組主宰・青年団演出部所属)

【プログラム紹介】
今回のワークショップでは、講師の吉田小夏さんが主宰する劇団、青☆組の作品創りの現場で必要になる技術や方法論について、解説と実践を交えながら体験していただきます。
テキストには、オリジナルのワークショップ専用テキストと、青☆組の過去の上演作品の戯曲と2種類を用います。
日常的な対話劇の場面、独白の長台詞、の両方をとりあげていきます。
現代劇の台詞を、ナチュラルかつリリカルに発語するためのヒントを、実践的に紹介します。
現代口語演劇の演技様式を体験してみたい方にもおすすめです。

■参加人数:15人  ※対象年齢は18歳〜65歳ぐらい迄
■参加費:1回 4000円 テキスト代込み

※原則、3回とも参加可能な方を優先させていただきます。
(3日間を通してステップアップしてゆくプログラム内容となります。)

■場所:都内稽古場

■応募方法:メールにてご応募下さい。
〔樵亜´年令 出身地 ご蔽韻雰侘髻´セ臆弾圧
をメール本文に明記の上、バストアップ写真1枚を添付して送信してください。
《送信先》オフィスコットーネ cottone@msh.biglobe.ne.jp

締め切り 4月7日 23:00
  ※ただし定員に達し次第締め切ります。

●吉田小夏(Conatsu Yoshida)プロフィール
劇作家/演出家 青☆組主宰・青年団演出部所属
1976年生まれ。横浜市出身。2001年に青☆組を旗揚げ。
『雨と猫といくつかの嘘』、『時計屋の恋』等、4つの作品で日本劇作家協会新人戯曲賞に入賞。
日本演出者協会主催「若手演出家コンクール2003」<作/演出部門>にて、『初雪の味』で審査員特別賞受賞。
『海の五線譜』で、平成28年度北海道戯曲賞優秀賞受賞。
市井の人々の人生の営みを丹念に描く手腕に定評があり、心の琴線に触れる美しく繊細な対話劇で、幅広い年代の支持を集めている。
近年では、ラジオドラマの脚本や、こども達と親子に向けた演劇の創作など、幅広く活躍。
日本各地での滞在制作や、市民や中高生との演劇ワークショップにも精力的に取り組んでいる。